カテゴリー別アーカイブ: 保険

行き先別で探す > 台湾のワーキングホリデー

台湾のワーキングホリデー

台湾のワーキングホリデーは日本としては10番目となるワーキングホリデー対象国・地域となり、2009年より実施されています。
対象となるのは18歳以上30歳以下の方で日本、台湾の双方で年間2000人の枠が設定され、ワーキングホリデーとして渡航することができます。なお、ワーキングホリデービザでの滞在期間は最大で1年間(360日間)です。

日本と台湾の間には公式な外交関係がないため、ワーキングホリデービザの窓口は日本側は「財団法人交流協会」、対して台湾側の窓口となるのは「台北駐日経済文化代表処」となり、実質的にこれらの機関が両国間の外交窓口機関として大使館・領事館に準ずる業務を担っています。
なお、ビザの申請は台北駐日経済文化代表処、もしくは弁事処に本人が出頭して申請する必要がありますので、事前にビザ申請にかかる費用・旅費などについても準備しておく必要があります。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

台湾では、ホームステイのほか寮、アパートなどさまざまな滞在方法が選択可能です。
ワーキングホリデー保険は、寮やホームステイの場合はスタンダードプラン、アパートを借りての一人暮らしやシェアをするならワイドプランを選ぶのが一般的です。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > 韓国のワーキングホリデー

韓国のワーキングホリデー

p-kr韓国のワーキングホリデーは1999年4月より開始されました。当初の定員は年間で1000人とされていましたが、韓国より日本への渡航を希望する方が多く、その後定員の拡大が行われ、現在では年間1万人にまで拡大されています。
日本からは年間約350人程の方がワーキングホリデー制度を利用しています。そのため申請条件さえを満たせばビザの取得は比較的容易です。

なお、韓国のワーキングホリデービザの申請は最寄の大使館・総領事館で行うことになりますが、ビザの申請条件について統一した見解がないため、大使館・総領事館によって(年齢制限やビザの発給可能回数などを含めて)申請のための条件が異なるという事態が起きています。そのため、申請の前に必ず居住地を管轄する大使館・領事館へ申請条件を確認するようにしてください。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

韓国でのワーキングホリデーでは部屋を借りての一人暮らしのほか、下宿を利用するケースが多いようです。下宿などで賃貸契約を結ぶ場合はワイドプランを、契約を結ばない場合はスタンダードプランを選ぶと良いでしょう。

よく分からない場合や迷った時にはワーキングホリデー保険キットまでご相談下さい。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > デンマークのワーキングホリデー

デンマークのワーキングホリデー

p-deデンマークのワーキングホリデーは2007年10月1日より実施されています。
デンマークについては若者が同国の充実した福祉政策を学ぶ環境として日本政府が積極的にワーキングホリデー制度の実施を後押しをした経緯があります。また、地理的にもヨーロッパ各国を旅する拠点としての魅力も見逃せません。

デンマークでは入国後に住民登録すると同時に個人の番号(CPRナンバー)が割り振られ、保険カードがもらえます。
このカードにより医療費が無料になり、IDとしても使えます。銀行口座開設時、図書館カード作成時、バスの定期券発行時、また現地のコミュニティが運営している語学学校を受ける際にも授業料の免除を受けられます。
現地在住の方と同じサービスが受けられるため、入国後には必ず手続きをしてください。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

デンマークの場合、住民登録をすることにより医療費が無料になります。それをふまえてワーキングホリデー保険を選ぶなら、医療費よりも事故や盗難による損害、トラブルに巻き込まれた際の賠償責任などに重点を置いてもいいでしょう。

ただし、デンマークを拠点に各国へ旅行を計画している場合には、医療費の補償も充実している保険を選ぶのがオススメです。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > アイルランドのワーキングホリデー

アイルランドのワーキングホリデー

アイルランドのワーキングホリデーは2006年6月28日に協定が締結され、2007年1月1日より実施されています。
ビザの募集は年2回(1月・6月)に分けて行われます。1月の募集は8月31日までに出発を計画している方、6月の募集は9月1日以降に出発を予定している方が対象です。

p-irビザの発給条件ですが、基本的に年齢制限を18歳から25歳としていますが、全日制の学校に在籍していたか、常勤で働いていた場合は30歳まで引き上げることが可能とされています。 このほか、有効な日本のパスポートを所持していること、そして申請・受理時点を含めて日本に居住していることが条件になっています。

アイルランドのワーキングホリデーはオーソリゼーションが出た後に行うビザの申請手続きの段階でワーキングホリデー保険への加入証明書を提出しなければならないため、ワーキングホリデー保険への加入が必須になっており、保険の加入期間分しかビザの滞在許可が下りないルールになっています。申請直前になって慌てないためにも早めに『ワーキングホリデー保険キット』を入手しておくことをお勧めします。

アイルランドのワーキングホリデービザでは全日制の学校に通う事ができるほか、同一雇用主の元で3ヶ月以内という制限はありますが、フルタイムで仕事をすることも可能です。

アイルランドのワーキングホリデーではダブリンなどの都市の滞在が人気です。外国人がアイルランドに住む場合は、bed sit 、1bed room 、Share flat or houseの中から選ぶのが一般的です。 bed sit は基本的に日本で言うところの『1K』と言った感じでしょうか。お値段は600-800euro/月が一般的な相場。これの変型版で、『部屋にシャワーはあるけれど、リビング・台所は建物のほかの住居者と共同』というのは留学生向けで、値段も手ごろな80-100euro/週になります。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

アイルランドではワーキングホリデー保険への加入が義務となっており、12ヶ月を上限として保険の加入期間分しかビザが発給されないルールになっています。そのため、明確な帰国予定がある場合をのぞいて、上限となる12か月分の保険契約をしてからビザを申請するのが一般的です。
なお、保険契約期間に満たないまま途中帰国した場合は、保険料の精算ができます。帰国後すみやかにご連絡ください。

アイルランドのワーキングホリデーでは全日制の学校に通うことができる事から、学校が斡旋するホームステイを選ぶ方も多く、この場合の保険はスタンダードプランが向いています。

個人で住居を借りたり、フラットをシェアする場合にはワイドプランを選択して下さい。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > ドイツのワーキングホリデー

ドイツのワーキングホリデー

p-geドイツのワーキングホリデーは2000年12月より実施されています。日本から年間で約500名の方がワーキングホリデービザで渡航しています。

ドイツのワーキングホリデービザについては他のヨーロッパ諸国とは異なり、定員が設定されておらず申請条件を満たせばビザが発給されますので、ヨーロッパ各国の中ではワーキングホリデービザが一番取得しやすい国と言えるでしょう。ビザの申請は出発前に日本国内より行う事ができるほか、その他の国にあるドイツ公館を通じて申請する事やドイツ入国後に申請することも可能です。

なおドイツの場合、ビザの申請条件に保険への加入が義務づけられていますが、その補償すべき範囲が他国と少し異なるので注意が必要です。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

ドイツのワーキングホリデービザの申請には、「全滞在期間有効で歯科治療と妊娠時も適用される」旅行保険への加入が必須条件となっています。ただし、日本国内で販売されている旅行保険・ワーキングホリデー保険には妊娠をカバーするものがありません。そのため、女性の場合は、国内の保険ではビザが申請できず、大使館・総領事館が推薦するドイツの海外旅行保険(ステップイン保険など)への加入が必要となります。
男性の場合でも、歯科治療特約があった場合においても国内の保険で申請が認められない場合があるため、同様に大使館・総領事館が推薦する保険への加入がお勧めです。

なお、ワーキングホリデー保険キットにはドイツのビサ申請に対応した保険プランは含まれていません。

 

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > フランスのワーキングホリデー

フランスのワーキングホリデー

p-frフランスのワーキングホリデーは1999年12月より実施されています。以前は定員が少なく論文審査があり、難しいビザとされていましたが、現在では定員が拡大され入手が容易になりました。

フランスのワーキングホリデーはビザの申請時にワーキングホリデー保険への加入証明書を提出しなければならないため、ワーキングホリデー保険への加入が必須になっています。申請直前になって慌てないためにも早めに『ワーキングホリデー保険キット』を入手しておくことをお勧めします。

ワーキングホリデービザではアルバイトが可能ですが、若年層の失業率の高いフランスでの仕事探しは容易ではありません。そのため、ワーキングホリデーの予算計画を立てる際には現地でのアルバイト収入に依存した計画を避ける事をお勧めします。

また、ワーキングホリデーを利用して、キャリアアップのための有給のインターンシップ(就業体験)も可能です。フランスの場合はコネクションが重要な要素になりますので、このような場合は専門の会社に相談されると良いでしょう。

フランスでの住居ですがルームシェアのほか、スタジオと呼ばれる1Kタイプの部屋を借りる形が目立ちます。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

フランスではビザの申請時に「海外旅行保険加入証明書の原本及びコピー1部」の提出が必要です。ここで言う海外旅行保険とは「病気、けが、入院に対応し、航空券に記載される到着日と同じフランス入国日から1年間有効なもの。クレジットカードに付帯される保険は不可」と定義されています。
『ワーキングホリデー保険キット』のワーキングホリデー保険は、この申請のための条件を満たす保険です。加入証明書等のビザ申請に必要な書類もスムーズに発行しています。

なおフランスの場合、スタジオを借りて滞在している方も多く、この様なスタイルならワーキングホリデー保険はワイドプランから選択するのがお勧めです。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > イギリスのワーキングホリデー

イギリスのワーキングホリデー

p-ukイギリスのワーキングホリデーは正式には「ユース・モビリティー・スキーム(YMS)」という名称で、最大で2年間イギリスに滞在することができます。厳しい制限の多いイギリス滞在ビザにあって、活動の制約が少なく長期滞在が認められるとても魅力的な制度です。

インターネットを通じて1年に1回、先着順で募集が行われていますが、大変人気の高いなかで募集定員はわずか1,000人しなないため、ワーキングホリデー対象国の中で競争率が高く、最もビザの取得が難しい国となっています。

イギリスは都市部での家賃の高さが知られていますが、その中でも特に高いのはロンドン。そのためワーキングホリデー渡航者に人気の住まいはフラットシェアです。その名の通り1つのフラット(日本のマンションやアパートのような2LDK、3LDKの部屋)を複数の住人でシェアする方法です。

通常はオーナーがいて、部屋を賃借する形になっています。トイレやキッチン、リビングは共有です。家具や日常生活に必要な家電製品などは揃っています。家賃は週当たり60~100ポンドが目安になります。フラットシェアをする場合にはシェアハウス内のアクシデントをカバーしてくれるワイドプランの保険に加入することをお勧めします。

イギリスには語学学校が多いため、こうした学校を通じて斡旋してもらえる寮やホームステイも人気です。ホームステイや寮を利用する場合にはスタンダードプランがお勧めです。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

イギリスには公的医療保険制度NHS(National Health Servece)というものがあります。居住区内にあるGP(GENERAL PRACTITIONER)、つまりホームドクターを登録することで無料で診察を受けられる制度です。しかし、ワーキングホリデー滞在者の場合は、働いている期間だけしか加入資格がありません。働いていない期間は制度の対象外となるため、無保険になってしまいます。
また、人気の病院だと定員オーバーとして診察を断られたり、予約が1週間後にしか取れないことも・・・。

また、ワーキングホリデー保険は病気やケガだけではなく、身の回りの携行品の盗難や故障、トラブルによる賠償責任をカバーしてくれるプランもありますので、ワーキングホリデー保険に加入しておくのがお勧めです。

イギリスの場合、最長で2年間の滞在が可能ですが、1年以上の契約ができない保険も一部ありますので(1年以上の場合は契約の更新手続きが必要)、『ワーキングホリデー保険キット』の請求時に滞在予定期間をお知らせ下さい。イギリスでの活動計画や滞在期間などに応じたプランの選択方法や1年後のスムーズな更新手続きの為のアドバイスなど、担当者が専門的な知識を基にアドバイスをさせていただきます。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > カナダのワーキングホリデー

カナダのワーキングホリデー

p-caカナダのワーキングホリデーは1986年3月より実施されています。毎年定員が定められ、日本からは2011年度は年間6,500人の方に発給されます。発給ルールの変更により2009年以降、定員を超えて締め切られることがなくなり、実質的に通年で申請できるようになっています。
また2010年より、許可書の年度ごとの区切りが撤廃され許可書の発効日(許可書が有効となった日)から1年以内に入国する事ができるように制度が改められています。

なお、カナダにつきましては頻繁に申請条件が変更されますので、常に最新の情報を元に申請するようにしてください。
また、在日カナダ大使館はワーキングホリデーについて以下のような公式発表を行い、実質的にワーキングホリデー保険への加入を義務化しています。

●『入国審査官からカナダ滞在中の疾病や傷害をカバーする医療保険加入状況を問われることがあります。そのためカナダに出発する前に保険に加入する必要があります。 保険に加入していない場合、入国を拒否されることがあります。

●『保険証券の補償期間が12ヶ月未満の場合、保険の補償期間の終了に合わせた就労許可証となる可能性があります。この場合、事後の就労許可証の期限延長の申請ができない可能性があります。』

なお、カナダのワーキングホリデーでは語学学校などの学校に6ヶ月間を上限に通うことができます。この期間を超えて通う場合には就学許可書(学生ビザ)の申請が必要になります。
ワーキングホリデーメーカーに人気の都市はバンクーバー、トロントなどとなっています。これらの都市では日本からのワーキングホリデー渡航者や留学生を対象にした生活支援など、様々なサービスを行う日系の会社も多くあります。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

ワーキングホリデー保険と言えば怪我や病気の時に役立つ保険というイメージがありますが、カナダでもう一つ注意したいのは訴訟リスク。トラブルに巻き込まれて賠償を求められ、裁判沙汰になるという話は珍しいことではありません。こんな時に心強いのが賠償責任をカバーするタイプのワーキングホリデー保険。
カナダのワーキングホリデーでは賠償責任のカバーが充実したプランを選択してみてはいかがでしょうか。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。

行き先別で探す > ニュージーランドのワーキングホリデー

ニュージーランドのワーキングホリデー

ニュージーランドとのワーキングホリデーは1985年7月より実施されています。日本からは毎年3~4千名の方がワーキングホリデー制度を利用してニュージーランドに渡航しています。

ニュージーランドのビザは発給数に制限がなく、申請条件を満たしていれば1年を通じていつでも取得することができます。 なお、申請はインターネットを利用してニュージーランド移民局のホームページより行うことになっています。

ワーキングホリデービザについては日本国外よりの申請が可能(申請料は無料)なほか、ニュージーランド入国後にニュージーランド国内よりも申請が可能(この場合は申請料が必要)になっています。

ニュージーランドの滞在ですが、農村部でのファームステイのほか、オーペア(子供の世話をする事を条件に食費や滞在費を提供する形の契約)にも人気があります。このような滞在方法については現地の新聞などに出された求人を参照するほか、現地にコネクションのあるエージェントも斡旋をしています。

語学学校についてはオークランドやクライストチャーチなど国内主要都市を中心に多くの語学学校が開設されており、直接契約することができるほか、留学エージェントなどを通じて手配する事もできます。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

ニュージーランドといえばウィンタースポーツが人気ですが、こうしたアクティビティーに参加するならワーキングホリデー保険には是非加入しておきたいもの。過失で誰かに怪我をさせてしまう場合もあります。こんなときは賠償責任をカバーする保険へ加入しておくと安心ですね。

ニュージーランドには語学学校も多く、学校に通いながらのホームステイやオーペアなども人気。こうしたタイプの滞在ならスタンダードプランの保険がお勧めです。シェアハウスでの滞在ならワイドプランを検討してみましょう。

行き先別で探す > オーストラリアのワーキングホリデー

オーストラリアのワーキングホリデー

p-auオーストラリアのワーキングホリデーは1980年12月より実施されています。日本からは年間約9500人の方がワーキングホリデービザでオーストラリアに渡航しています。

ビザは原則的に7月1日より翌年の6月末日を年度として、発給数が定められ、上限に達した段階で発給が終了するルールになっています。しかしながら近年、実際にはビザの発給数が上限に達したことはなく、実質的に1年間を通じていつでも申請・取得できる状況になっています。
なお、ビザの申請は日本国内よりインターネットを利用して、オーストラリア移民多文化先住民関係省(DIMIA)に対して行うことになります。ビザ申請に関する詳しい情報はこちらを参照してください。

滞在中は同一雇用主の元で6ヶ月間のアルバイトが認められ、また語学学校へも4ヶ月を上限に通うことができます。そのほかにはこのビザでの活動に大きな制限はありません。

ワーキングホリデーメーカーに人気の都市はシドニー、ゴールドコースト、ケアンズ、パースなどとなっています。これらの都市では日本からのワーキングホリデー渡航者や留学生を対象にした生活支援など、様々なサービスを行う日系の会社も多くあります。

ワーキングホリデーでの滞在者の多くはバックパッカーズと呼ばれる安価宿泊施設を拠点にしたり、1件の家やアパートを複数の人で共有する(家賃は居住者の人数で分割)シェアハウスという方法で滞在しています。シェアハウスの情報については口コミや各種コミュニティー掲示板、無料週刊誌のクラシトファイド欄などで見つけることができます。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

オーストラリアのワーキングホリデーといえばサーフィンなどのマリンスポーツが盛んです。こんなアクティビティー中の怪我を想定して必ず加入したいのがワーキングホリデー保険です。(一部の「危険なスポーツ 例:ロッククライミング、スカイダイビングなど」は補償の対象外です。詳しくは『ワーキングホリデー保険キット』の担当者までお問い合せ下さい。)

また、ワーキングホリデー保険は滞在方法によってスタンダードプランとワイドプランに選択肢が分かれます。オーストラリアのワーキングホリデーで人気の「シェアハウス」を予定している方はワイドプランを選択するのがお勧めです。