行き先別で探す > フランスのワーキングホリデー

フランスのワーキングホリデー

p-frフランスのワーキングホリデーは1999年12月より実施されています。以前は定員が少なく論文審査があり、難しいビザとされていましたが、現在では定員が拡大され入手が容易になりました。

フランスのワーキングホリデーはビザの申請時にワーキングホリデー保険への加入証明書を提出しなければならないため、ワーキングホリデー保険への加入が必須になっています。申請直前になって慌てないためにも早めに『ワーキングホリデー保険キット』を入手しておくことをお勧めします。

ワーキングホリデービザではアルバイトが可能ですが、若年層の失業率の高いフランスでの仕事探しは容易ではありません。そのため、ワーキングホリデーの予算計画を立てる際には現地でのアルバイト収入に依存した計画を避ける事をお勧めします。

また、ワーキングホリデーを利用して、キャリアアップのための有給のインターンシップ(就業体験)も可能です。フランスの場合はコネクションが重要な要素になりますので、このような場合は専門の会社に相談されると良いでしょう。

フランスでの住居ですがルームシェアのほか、スタジオと呼ばれる1Kタイプの部屋を借りる形が目立ちます。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

フランスではビザの申請時に「海外旅行保険加入証明書の原本及びコピー1部」の提出が必要です。ここで言う海外旅行保険とは「病気、けが、入院に対応し、航空券に記載される到着日と同じフランス入国日から1年間有効なもの。クレジットカードに付帯される保険は不可」と定義されています。
『ワーキングホリデー保険キット』のワーキングホリデー保険は、この申請のための条件を満たす保険です。加入証明書等のビザ申請に必要な書類もスムーズに発行しています。

なおフランスの場合、スタジオを借りて滞在している方も多く、この様なスタイルならワーキングホリデー保険はワイドプランから選択するのがお勧めです。

フランスのワーキングホリデー おすすめ保険プラン


※上記のおすすめプラン以外にも多数のプランを取り揃えています。詳細についてはワーキングホリデー保険キットをご請求下さい。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。