行き先別で探す > 韓国のワーキングホリデー

韓国のワーキングホリデー

p-kr韓国のワーキングホリデーは1999年4月より開始されました。当初の定員は年間で1000人とされていましたが、韓国より日本への渡航を希望する方が多く、その後定員の拡大が行われ、現在では年間1万人にまで拡大されています。
日本からは年間約350人程の方がワーキングホリデー制度を利用しています。そのため申請条件さえを満たせばビザの取得は比較的容易です。

なお、韓国のワーキングホリデービザの申請は最寄の大使館・総領事館で行うことになりますが、ビザの申請条件について統一した見解がないため、大使館・総領事館によって(年齢制限やビザの発給可能回数などを含めて)申請のための条件が異なるという事態が起きています。そのため、申請の前に必ず居住地を管轄する大使館・領事館へ申請条件を確認するようにしてください。

ワーキングホリデー保険選びのアドバイス

韓国でのワーキングホリデーでは部屋を借りての一人暮らしのほか、下宿を利用するケースが多いようです。下宿などで賃貸契約を結ぶ場合はワイドプランを、契約を結ばない場合はスタンダードプランを選ぶと良いでしょう。

よく分からない場合や迷った時にはワーキングホリデー保険キットまでご相談下さい。

韓国のワーキングホリデー おすすめ保険プラン

※上記のおすすめプラン以外にも多数のプランを取り揃えています。詳細についてはワーキングホリデー保険キットをご請求下さい。

※キットの請求、お問い合せはお電話(0120-12-7150:通話無料 平日9:00~18:00)でも承っています。お気軽にご相談下さい。